FJCT_ニフクラ mobile backend(mBaaS)お役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラ mobile backend(mBaaS)。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

JavaScript SDK ver.2がBower対応しました

新しくリリースされたJavaScript SDK ver.2ですが、Bower対応が完了しました。これによる一番大きなメリットとしては、Monacaアプリへの組み込みが簡単になったという点が挙げられます。

Monacaアプリへの組み込み方

Monaca IDEを開いて、設定メニューからJS/CSSコンポーネントの管理を選択します。

出てきたモーダルウィンドウで、ncmbと検索してください。そうすると検索に一件だけ出るはずなので、それをチェックして追加をクリックします。

バージョンは最新のもの(執筆時点では2.0.0)を選択します。

これでOKを押せばインストールが完了になります。

使い方

DeviceReadyのイベント時点ですでにNCMBオブジェクトが使える状態になっています。例えば次のように記述します。

<script src="components/loader.js"></script>
<script>
  // PhoneGap event handler
  document.addEventListener("deviceready", onDeviceReady, false);
  function onDeviceReady() {
    console.log("PhoneGap is ready");
    var application_key = "YOUR_APPLICATION_KEY";
    var client_key = "YOUR_CLIENT_KEY";
    var ncmb = new NCMB(application_key, client_key);
    var TestClass = ncmb.DataStore("TestClass");
    testClass = new TestClass;
    testClass.set("message", "Hello, NCMB!");
    testClass.save()
      .then(function() {
        alert("保存しました");
      })
      .catch(function(err) {
        alert(err);
      })
  }
</script>

別途ncmb.min.jsをダウンロードしたり、配置する必要がありませんのでとても簡単です。すでに作られたMonacaアプリにmBaaSの機能を組み込む際にぜひ使ってください!

Monaca - HTML5ハイブリッドアプリ開発プラットフォーム