ニフクラ mobile backend(mBaaS)お役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラ mobile backend(mBaaS)。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

Node.jsのスクリプトがasync/awaitに対応しました

f:id:mbaasdevrel:20171212211252p:plain

Node.jsのスクリプトがasync/awaitに対応しました

先日、スクリプト機能がバージョンアップしてNode.jsが8.11.3を選択できるようになりました。この8系以降の特徴として、async/awaitに対応したという点があります。async/awaitはJavaScriptの非同期処理を同期処理のように書ける記法になります。コールバックやPromiseで苦しんだ経験のある方はぜひasync/awaitを使ってみてください。

続きを読む

MonacaアプリでWebAssembly版NCMBを使うには

f:id:mbaasdevrel:20181009171043p:plain

Monacaはハイブリッドアプリ開発PFであり、開発はHTML/JavaScript/CSSで行います。そのため、アプリはストアでリリースされたものであってもソースが閲覧できる状態になっています。防ぐためにはエンタープライズプランで提供されるアプリのロジック暗号化プラグインやtkyaji/cordova-plugin-crypt-fileを導入する必要があります(独自プラグインの導入はプロプラン以上でなければいけません)。

万一コードを見られても安全でいられるために、WebAssembly版のJavaScript SDKを使いましょう。この方法であればフリープランでも使えますし、クライアントキーが漏洩する訳ではありません。

続きを読む

意外と面倒なモーダル表示をiOS SDKで実現する

f:id:mbaasdevrel:20181006114607p:plain

スマートフォンアプリにおいて、画面をすべてネイティブで作るのは大変です。そこで一時的にしか使わないような画面はHTMLで作成して、HTMLビューワーを使って表示したりします。

しかし、HTMLビューワーとはいってもHTMLコンテンツを読み込んだり、閉じるための機能を作ったりと実装は面倒です。そこでmBaaSのSDKに含まれているリッチプッシュ用のモーダル表示を使ってみましょう。

続きを読む

Swift + iOS SDKでスクリプトを使う

f:id:mbaasdevrel:20180806093819p:plain

NCMBのiOS SDKは正式にはSwiftをサポートしておらず、サンプルのコードもObjective-Cとなっています。Swiftもすでに3が主流となっており、利用者も増えています。そこでNCMB iOS SDKをSwiftでどう使えば良いかをコード例を用いつつ紹介します。

今回はiOS SDKでのスクリプト機能の使い方です。

続きを読む

Swift + iOS SDKでデータストアを正規表現検索する

f:id:mbaasdevrel:20180806093819p:plain

NCMBのiOS SDKは正式にはSwiftをサポートしておらず、サンプルのコードもObjective-Cとなっています。Swiftもすでに3が主流となっており、利用者も増えています。そこでNCMB iOS SDKをSwiftでどう使えば良いかをコード例を用いつつ紹介します。

今回はデータストアで正規表現を使った検索の方法を解説します。

続きを読む

iOS SDKとPromiseライブラリHydraを組み合わせる

f:id:mbaasdevrel:20180806093819p:plain

Swiftでは非同期処理が多用されます。非同期処理の結果はコールバック方式になっているので、非同期処理が続くとネストがどんどん深くなってしまいます。そこでJavaScriptでは昔からPromiseという方式が使われてきました。

iOSではPromiseKitなどが知られていますが、この記事では高機能なPromiseライブラリであるHydraとiOS SDKを組み合わせる方法を紹介します。

続きを読む

iOS SDKで匿名認証を使い続けるには

f:id:mbaasdevrel:20180806093819p:plain

匿名認証はID/パスワードを使わずに認証状態を保持できる機能になります。パスワードを入力したりする手間がないのがメリットですが、デバイス単位で異なるという欠点もあります。

また、通常ではセッションが切れてしまうと(通常24時間)、また別なIDを使って認証する必要があります。JavaScript SDKでは匿名認証を実行する際にIDを指定できるのですが、iOS SDKには用意されていません。そこで今回はiOS SDKでも匿名認証を継続する方法を紹介します。

続きを読む

JavaScriptにおけるasync/awaitの書き方

f:id:mbaasdevrel:20171212211252p:plain

先日、スクリプト機能がバージョンアップしてNode.jsが8.11.3を選択できるようになりました。この8系以降の特徴として、async/awaitに対応したという点があります。async/awaitはJavaScriptの非同期処理を同期処理のように書ける記法になります。コールバックやPromiseで苦しんだ経験のある方はぜひasync/awaitを使ってみてください。

今回はこのasync/awaitの書き方を解説します。

続きを読む