ニフクラ mobile backend(mBaaS)お役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラ mobile backend(mBaaS)。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

オンラインミートアップ用のチェックインシステムをmBaaSで実現する

f:id:mbaasdevrel:20200305165747p:plain

コロナウイルスの影響により、最近はコミュニティイベントをオンラインで行うケースが増えています。この時、一つ問題になるのが受付システムです。オフラインのイベントでは受付を設けて、そこでチェックできたのですが、オンラインイベントではZoomやGoogle MeetなどのURLに直接アクセスするので、受付できないのが問題でした。

そこで、mBaaSを使ってチェックイン後に動画配信のURLを共有するシステムを作ってみたので紹介します。

続きを読む

Google Apps Script SDK(v8対応版)を開発中です(スクリプトの使い方)

f:id:mbaasdevrel:20190222161342p:plain

Google Apps Scriptがβ版としてv8対応しています。v8版にすると、実行速度が向上するほか、constやasync/awaitといったモダンなJavaScriptで書けるようになります。

しかし、従来のGoogle Apps Script SDKは動作しなくなります。 ReferenceError: User is not defined というエラーメッセージが出るようになります。対応を試みたのですが、うまくいきませんでした。

そこで、よりモダンな書き方でv8対応版としてGoogle Apps Script SDKを作り直しています。今回はスクリプト機能の使い方を紹介します。

続きを読む

リレーションデータの作成順番について

f:id:mbaasdevrel:20180913163950p:plain

データストアでは多対多の関係性を表現するのにリレーション機能が使えます。あるデータに紐付く多数のデータを管理します。

そんなリレーションはデータ作成時にも使えるのですが、mBaaSにはトランザクションがないので使い方に注意する必要があります。

続きを読む

2020年:アプリ申請に必要な情報まとめ

f:id:mbaasdevrel:20200307224821p:plain

Android/iOSアプリをリリースする際には、申請作業が必要です。Androidは元々審査が緩かったのですが、幅広いユーザが利用するのに伴って、審査が厳格化するようになっています。情報も適切に入力しなければなりません。

そこで各プラットフォーム別に、必要な情報についてまとめました。なくてもいいものもありますが、ダウンロード数には大きく影響すると思いますのでできるだけ入力するようにしてください。

続きを読む

GAS SDKを使ってGoogle Driveのファイルをファイルストアに一括アップロードする

f:id:mbaasdevrel:20190222161342p:plain

mBaaSのファイルストアを使えばアプリで利用するリソース(画像や音楽、その他ファイル)を保存しておけます。多くの場合、管理画面を使ってアップロードを行うと思います。

しかしファイルが大量にある場合、管理画面で一つずつアップロードするのは不便です。そこでGoogle Apps Script用のSDKを使って、Google Driveの特定フォルダにあるファイルを一括アップロードしてみます。

続きを読む

【スクリプト】Webサイトをスクレイピングする

f:id:mbaasdevrel:20180418153723p:plain

アプリの中でブックマークをしたり、クリッピングしたいと言ったニーズが良くあります。URLを登録して終わりでも良いですが、よりユーザフレンドリーにするためには、そのWebサイトの情報を表示してあげると便利です。

しかしアプリから直接Webサイトにアクセスすると、Webサイト側の負荷が高くなってしまったり、情報の取得部分に関するコード(ネットワークアクセスしてレスポンスを解析するといった)が多くなってしまいます。

そういったロジックはiOS/Androidそれぞれ実装するのも大変です。そこで使ってみたいのがスクリプト機能です。

続きを読む

Google Apps Script SDK(v8対応版)を開発中です(認証の使い方)

f:id:mbaasdevrel:20190222161342p:plain

Google Apps Scriptがβ版としてv8対応しています。v8版にすると、実行速度が向上するほか、constやasync/awaitといったモダンなJavaScriptで書けるようになります。

しかし、従来のGoogle Apps Script SDKは動作しなくなります。 ReferenceError: User is not defined というエラーメッセージが出るようになります。対応を試みたのですが、うまくいきませんでした。

そこで、よりモダンな書き方でv8対応版としてGoogle Apps Script SDKを作り直しています。

続きを読む

Google Apps Script SDK(v8対応版)を開発中です(ACLの使い方)

f:id:mbaasdevrel:20190222161342p:plain

Google Apps Scriptがβ版としてv8対応しています。v8版にすると、実行速度が向上するほか、constやasync/awaitといったモダンなJavaScriptで書けるようになります。

しかし、従来のGoogle Apps Script SDKは動作しなくなります。 ReferenceError: User is not defined というエラーメッセージが出るようになります。対応を試みたのですが、うまくいきませんでした。

そこで、よりモダンな書き方でv8対応版としてGoogle Apps Script SDKを作り直しています。

続きを読む

Google Apps Script SDK(v8対応版)を開発中です(データストアの検索)

f:id:mbaasdevrel:20190222161342p:plain

Google Apps Scriptがβ版としてv8対応しています。v8版にすると、実行速度が向上するほか、constやasync/awaitといったモダンなJavaScriptで書けるようになります。

しかし、従来のGoogle Apps Script SDKは動作しなくなります。 ReferenceError: User is not defined というエラーメッセージが出るようになります。対応を試みたのですが、うまくいきませんでした。

そこで、よりモダンな書き方でv8対応版としてGoogle Apps Script SDKを作り直しています。

続きを読む

Google Apps Script SDK(v8対応版)を開発中です(データストアの更新、削除)

f:id:mbaasdevrel:20190222161342p:plain

Google Apps Scriptがβ版としてv8対応しています。v8版にすると、実行速度が向上するほか、constやasync/awaitといったモダンなJavaScriptで書けるようになります。

しかし、従来のGoogle Apps Script SDKは動作しなくなります。 ReferenceError: User is not defined というエラーメッセージが出るようになります。対応を試みたのですが、うまくいきませんでした。

そこで、よりモダンな書き方でv8対応版としてGoogle Apps Script SDKを作り直しています。

続きを読む

Google Apps Script SDK(v8対応版)を開発中です(データストアへの保存)

f:id:mbaasdevrel:20190222161342p:plain

Google Apps Scriptがβ版としてv8対応しています。v8版にすると、実行速度が向上するほか、constやasync/awaitといったモダンなJavaScriptで書けるようになります。

しかし、従来のGoogle Apps Script SDKは動作しなくなります。 ReferenceError: User is not defined というエラーメッセージが出るようになります。対応を試みたのですが、うまくいきませんでした。

そこで、よりモダンな書き方でv8対応版としてGoogle Apps Script SDKを作り直しています。

続きを読む

React Native用JavaScript SDKでincludeに対応しました

f:id:mbaasdevrel:20180306160753p:plain

スマートフォンアプリはSwiftやJavaのように特定のプラットフォームで利用できるもの、そしてUnityやMonacaのように複数のプラットフォームで動作するものがあります。React Nativeは後者に属する技術です。

以前React Native用SDKを開発していたのですが、バージョンアップなどに伴って利用できなくなっていました。そこでTypeScriptに沿う形で改めてReact Native SDKを開発しはじめました。なお、これは非公式のSDKになりますので、サポート外になります。

今回はincludeの使い方について解説します。

続きを読む

React Native SDKを使ってニュースアプリを作る(匿名認証を組み込む)

f:id:mbaasdevrel:20180306160753p:plain

React Native SDKを使ってサンプルアプリを開発してみます。今回はexpoを使って、iPhoneシミュレータで開発を進めていきます。

前回は記事一覧を表示するところまで作りましたので、今回はアプリに匿名認証を組み込みます。次回、ニュースをお気に入り登録する機能を追加します。

続きを読む

【2020年最新版】ニフクラ mobile backend用ライブラリの紹介

f:id:mbaasdevrel:20180905153751p:plain

ニフクラ mobile backendでは各種プラットフォーム向けにSDKを提供しています。現在、多くのSDKがオープンソース・ソフトウェアとして公開されています。

今回はそんな公式SDKとコミュニティで作られているサードパーティーSDKを紹介します。

続きを読む