FJCT_ニフクラ mobile backend(mBaaS)お役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラ mobile backend(mBaaS)。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

Excel用NCMBライブラリのデモを登録しました

f:id:mbaasdevrel:20180626161159p:plain

ExcelからVBAを使ってNCMBを操作できるようにするライブラリを非公式ながら提供しています。

goofmint/ncmb-excel: NCMBのExcel用クラスモジュールです。

データストアの検索、データ登録、更新、削除といった操作ができますので、マスターメンテナンスなどには十分ではないかと思います。

これまでコードは公開してきましたが、デモはなかったのでGitHubリポジトリのリリースに登録しました。

Releases · goofmint/ncmb-excel

Demo.xlsmというファイルで公開しています。これをダウンロードして実行してください。以下、簡単な使い方です。

要件

開発しているのはWindows 10 + Microsoft Office 2016です。これ以外の環境では動作しない可能性があります。少なくともmacOS版では動きません。

下準備

利用する際には.NET Framework 3.5があらかじめインストールされている必要があります。

キーを登録する

Excel ファイルを開き、マクロを有効にします。そうして、設定シートにあるアプリケーションキー、クライアントキーを入力してください。ログインID、パスワードは入力されていればログイン処理を行います(なければ何もしません)。

f:id:mbaasdevrel:20180626161159p:plain

ボタンを押す

データを保存、というボタンを押します。少し待つと「保存できました」というアラートが出るはずです。これで成功です。

f:id:mbaasdevrel:20180626161233p:plain

実際にNCMBの管理画面にログインして、データが入っているのを確認してください。

実際のコード

初期化

NCMBライブラリの初期化は以下のように行います。

Dim ncmb As clsNCMB
Set ncmb = New clsNCMB

ncmb.ApplicationKey = ApplicationKey
ncmb.ClientKey = ClientKey

保存処理

データストアに保存する処理は以下の通りです。 Test というクラスにデータを保存します。

Dim dataClass As clsDataStore
Set dataClass = ncmb.dataStore("Test")

' データストアの保存
Dim dataItem As clsDataItem
Set dataItem = dataClass.newData
dataItem.Field "message", "Hello World"
If dataItem.Save() Then
    MsgBox "保存できました"
Else
    MsgBox "保存失敗"
End If

注意事項

なお、社内のネットワーク事情であったり、マクロのセキュリティ設定、Windowsの設定などによっては動かない可能性もありますのでご注意ください。

まとめ

Excelでマスターデータをメンテナンスして反映したりするのに便利です。ぜひお試しください。

goofmint/ncmb-excel: NCMBのExcel用クラスモジュールです。

中津川 篤司

中津川 篤司

NCMBエヴァンジェリスト。プログラマ、エンジニアとしていくつかの企業で働き、28歳のときに独立。 2004年、まだ情報が少なかったオープンソースソフトの技術ブログ「MOONGIFT」を開設し、毎日情報を発信している。2013年に法人化、ビジネスとエンジニアを結ぶDXエージェンシー「DevRel」活動をスタート。