ニフクラ mobile backend(mBaaS)お役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラ mobile backend(mBaaS)。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

2016-07-13から1日間の記事一覧

「温湿度・UVなど……8つの項目で『環境』を見える化」 - オムロン社のIoT製品「環境センサー」事例インタビュー -

「環境センサー」は、目に見えない身の回りの環境(気温・湿度・照度・UVなど)を数値化して、 スマートフォン上で可視化し、必要に応じてアラート通知などを受け取ることができるサービスです。 取得した環境情報は自動でクラウド上に格納され、遠隔のユー…

mBaaSにおける位置情報の絞り込みについて

mBaaSの一機能でもある位置情報検索について紹介します。O2Oマーケティングを推進する上で大事な施策になるのが位置情報に基づいたユーザのグルーピングです。mBaaSでは2つの絞り込み方法を提供しています。

データストアでクラスをインポートする際の注意点

現在、mBaaSではParse.comからの載せ替え相談を行っています。載せ替えと言うことは、Parse.comにあるデータを移行するということなのですが、mBaaSのクラスインポート機能を使う上で幾つかの注意点があります。

O2Oアプリにおけるプッシュ通知の頻度の考え方

O2Oアプリにおいてもアクティブ向上のためにプッシュ通知が役立ちます。しかし他のアプリと同じく、プッシュ通知を乱発するのはお勧めできません。 そこでO2Oアプリの種類毎にどれくらいの頻度で送るのが最適か紹介します。

O2Oを支える場所検出技術まとめ

O2O(オンライン to オフライン)にはインターネットだけでは完結しない技術が複数組み合わさっています。特に大事なのが場所を特定する技術です。今回はそんな顧客の場所を特定するための技術を紹介します。

もくもく会5回目やりました~☆

6月29日に第5回mBaaSもくもく会-mBaaSxMonaca-イベントの報告です!

会員管理で追加した情報を取得する方法

会員管理機能を使うと簡単にユーザIDやメールアドレスを使った認証やFacebook/Twitter/Google+を使ったソーシャルログイン機能を実装できます。 会員クラスではメールアドレスやユーザIDの基本的な情報しか用意していません。それ以外の項目は開発者が自由に…

iOS SDKがCarthageに対応しました

これまでiOSのライブラリ管理と言えばCocoaPodsが一般的でしたが、最近人気急上昇中なのがCarthageです。CocoaPodsではワークスペースを作ってライブラリの依存関係含めて管理をすべて行ってくれますが、Carthageはライブラリの配備程度でインストールは手作…