ニフクラ mobile backend(mBaaS)お役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラ mobile backend(mBaaS)。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

C#用NCMB SDK(非公式)の使い方(ポインター)

f:id:mbaasdevrel:20200710131602p:plain

XamarinはC#を使ったクロスプラットフォームなスマートフォンアプリ開発環境です。企業向けのアプリ開発などで利用されることが多いようです。

NCMBではC#を使った開発環境としてUnityに対応しています。しかし、そちらはiOS/Android SDKをラッピングしているので、Xamarinでそのまま利用できません。C#のみで実装する必要があります。

ここでは現在開発中のC#用SDK(コミュニティSDK)の使い方を紹介します。今回はポインターの使い方について解説します。

続きを読む

RPGツクールMZからNCMBを呼び出す

f:id:mbaasdevrel:20210513211859p:plain

RPGツクールは昔からあるRPGを作成するためのプラットフォームです。MVからHTML5に対応し、Webアプリケーションとしてリリースできるようになりました。RPGツクール最新作であるMZでもそれは変わりません。

今回はそんなRPGツクールMZを使って、NCMBにデータを保存するプラグインを作ってみます。ごく基本的なやり方なので、クラウドとRPGツクールを組み合わせる際の参考にしてください。

続きを読む

RGPツクールでゲームスクリーンショットをクラウドに保存する

f:id:mbaasdevrel:20210513234321p:plain

RPGツクールは昔からあるRPGを作成するためのプラットフォームです。MVからHTML5に対応し、Webアプリケーションとしてリリースできるようになりました。RPGツクール最新作であるMZでもそれは変わりません。

今回はそんなRPGツクールMZを使って、NCMBにファイルを保存するプラグインを作ってみます。今回はゲームの画面をキャプチャして、ファイルストアに保存する方法を紹介します。

続きを読む

Swift SDKを使って認証機能をデモする(その2:認証機能の実装)

f:id:mbaasdevrel:20210408142707p:plain

NCMBではSwift向けにSDKをリリースしています。最近ではiOSアプリを作る際にSwiftを利用することが増えていますので、その場合にはネイティブ言語で実装されているSwift SDKの利用をお勧めします。

そんなSwift SDKの使い方を知ってもらうためにも、ちょっとしたアプリ(認証アプリ)を作ってみました。徐々に機能を追加していきますので、Swift SDKの利用法をぜひ覚えてください。

続きを読む

Swift SDKを使って認証機能をデモする(その1:SDKの導入と画面の説明)

f:id:mbaasdevrel:20210408142719p:plain

NCMBではSwift向けにSDKをリリースしています。最近ではiOSアプリを作る際にSwiftを利用することが増えていますので、その場合にはネイティブ言語で実装されているSwift SDKの利用をお勧めします。

そんなSwift SDKの使い方を知ってもらうためにも、ちょっとしたアプリ(認証アプリ)を作ってみました。徐々に機能を追加していきますので、Swift SDKの利用法をぜひ覚えてください。

続きを読む

請負開発でのmobile backend活用事例インタビュー:ブレイブスタジオ様

f:id:mbaasblog:20210512173456j:plain

ニフクラ mobile backendは、個人の開発者様から企業の提供する大規模アプリまで、様々な規模のアプリのバックエンドを支えています。

個人の開発者様や自社サービスを提供している企業はもちろん、スマホアプリの受託開発を請け負われている企業の方にもご愛顧いただき、提案の幅を広げたり工数の削減にお使いいただいたりと、幅広くご活用いただいております。

今回は、ニフクラ mobile backendを活用して受託開発の案件を多数対応されている株式会社ブレイブスタジオの西村様にお話を伺いました。

続きを読む

NCMBのレスポンス結果を画面に反映する際に注意したいこと

f:id:mbaasdevrel:20180806093819p:plain

Swift SDKのTipsです。mBaaSへのアクセスはほぼすべてネットワークが伴う処理で、非同期になります。非同期処理はバックグラウンドで処理しますが、その結果をそのままSwift UIで画面表示に反映すると、次のような警告が表示されます。

Publishing changes from background threads is not allowed;
make sure to publish values from the main thread
(via operators like receive(on:)) on model updates.

今回はこの警告を消すための方法について紹介します。

続きを読む

Swift SDKを使ってTodoアプリを作る(その4:データを編集する)

f:id:mbaasdevrel:20210407131557p:plain

NCMBではSwift向けにSDKをリリースしています。最近ではiOSアプリを作る際にSwiftを利用することが増えていますので、その場合にはネイティブ言語で実装されているSwift SDKの利用をお勧めします。

そんなSwift SDKの使い方を知ってもらうためにも、ちょっとしたアプリ(Todoアプリ)を作ってみました。徐々に機能を追加していきますので、Swift SDKの利用法をぜひ覚えてください。

今回は前回のACL設定をベースとして、タスクの編集機能を追加します。

続きを読む

Swift SDKを使ってTodoアプリを作る(その3:ACLを実装する)

f:id:mbaasdevrel:20210407112246p:plain

NCMBではSwift向けにSDKをリリースしています。最近ではiOSアプリを作る際にSwiftを利用することが増えていますので、その場合にはネイティブ言語で実装されているSwift SDKの利用をお勧めします。

そんなSwift SDKの使い方を知ってもらうためにも、ちょっとしたアプリ(Todoアプリ)を作ってみました。徐々に機能を追加していきますので、Swift SDKの利用法をぜひ覚えてください。

今回は前回の匿名認証をベースとして、その情報を使ってACL(アクセス権限)を設定します。

続きを読む

Swift SDKでセッションの確認と強制ログアウトを実装する

f:id:mbaasdevrel:20180806093819p:plain

Swift SDKのTipsです。執筆時点のバージョン1.1.2ではコード修正の必要がありますが、将来的には解決している可能性があります。

mBaaSでは認証情報をアプリ内部に保存します。それによって毎回認証を行うことなく、アプリがオフラインであっても認証状態を維持できるようになっています。しかし、認証セッションの有効期限は最長1週間であり、気づかないうちにセッションが無効になっている可能性があります。

そこでセッションの有効性チェックと、ログアウト処理を実行する方法を紹介します。

続きを読む

Swift SDKを使ってTodoアプリを作る(その2:匿名認証機能を実装する)

NCMBではSwift向けにSDKをリリースしています。最近ではiOSアプリを作る際にSwiftを利用することが増えていますので、その場合にはネイティブ言語で実装されているSwift SDKの利用をお勧めします。

そんなSwift SDKの使い方を知ってもらうためにも、ちょっとしたアプリ(Todoアプリ)を作ってみました。徐々に機能を追加していきますので、Swift SDKの利用法をぜひ覚えてください。

続きを読む

Swift SDKを使ってTodoアプリを作る(その1:ベースアプリの解説)

f:id:mbaasdevrel:20210407110753p:plain

NCMBではSwift向けにSDKをリリースしています。最近ではiOSアプリを作る際にSwiftを利用することが増えていますので、その場合にはネイティブ言語で実装されているSwift SDKの利用をお勧めします。

そんなSwift SDKの使い方を知ってもらうためにも、ちょっとしたアプリ(Todoアプリ)を作ってみました。徐々に機能を追加していきますので、Swift SDKの利用法をぜひ覚えてください。

続きを読む

Unity SDKでasync/awaitが使えるメソッドについて

f:id:mbaasdevrel:20200609155631p:plain

Unity SDKでは一部のメソッドについて、async/awaitを用意しています。すべてのメソッドではないので注意が必要です。今回はasync/awaitが使えるメソッドを紹介します。実際にasync/awaitで実行する方法はUnity SDKでのネットワーク処理をasync/awaitにするを参考にしてください。

続きを読む

Deno/TypeScript用SDKでのファイルストアの使い方

f:id:mbaasdevrel:20200609182129j:plain

機能的にはまだまだ少ないですが、Deno/TypeScript用のSDKを開発中です。TypeScriptで作られており、VueやReact、Angularとの組み合わせでも利用できます。

NCMBMania/ncmb_deno: deno用のSDKです

今回はファイルストアの使い方です。ファイルストアを使うことでテキストファイルや画像などを簡単にアップロードしたり、取得できます。

続きを読む