ニフクラ mobile backend(mBaaS)お役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラ mobile backend(mBaaS)。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

非公式SDKの開発状況をまとめました

NCMBでは公式SDKとして、下記のプラットフォーム/フレームワーク向けにSDKを提供しています。

  • Objective-C (iOS)
  • Swift (iOS)
  • Java (Android)
  • JavaScript (Node.js/Web/Monaca)
  • Unity (iOS/Android)

この他、非公式のSDKが多数あります。SDKによって開発状況が異なるので、機能差があります。それらを一覧にまとめました。

一覧について

一覧はこちらのGoogleスプレッドシートで確認できます。チェックが付いているものが実装されている機能です。

f:id:mbaasdevrel:20200811151141p:plain

NCMBでは主に以下のカテゴリに分かれて機能が提供されています。

  • データストア
  • 会員管理
  • ファイルストア
  • プッシュ通知
  • スクリプト

それぞれCRUDなRESTful APIとなっていますが、検索条件など細かな機能が多数あります。今回、洗い出してみた限りでは約100くらいの機能があるようです。

非公式SDKについて

非公式SDKは下記の言語、プラットフォーム向けに開発されています。

主立った言語では大抵実装していますが、この中で足りないとすればPythonでしょうか…。

実装状況について

実装状況は次のようになっています。

言語 状況
PHP 71.3
Ruby 63.8
React Native 48.9
Google Apps Script 45.7
Dart 40.4
Java 26.6
C#/Xamarin 23.4
VBA 13.8
TypeScript/deno 7.4

PHP SDKはほぼ完了しており、取得系メソッドが足りない程度となっています(検索機能で代替できます)。十分、皆さんのプロジェクトでご利用いただけるはずです。

まとめ

上述のスプレッドシートは今後、機能開発しながら適宜更新していきます。NCMBの非公式SDKを利用される際の参考にしてください。

中津川 篤司

中津川 篤司

NCMBエヴァンジェリスト。プログラマ、エンジニアとしていくつかの企業で働き、28歳のときに独立。 2004年、まだ情報が少なかったオープンソースソフトの技術ブログ「MOONGIFT」を開設し、毎日情報を発信している。2013年に法人化、ビジネスとエンジニアを結ぶDXエージェンシー「DevRel」活動をスタート。