FJCT_ニフクラ mobile backend(mBaaS)お役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラ mobile backend(mBaaS)。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

Google Apps Script SDK(v8対応版)を開発中です(スクリプトの使い方)

f:id:mbaasdevrel:20190222161342p:plain

Google Apps Scriptがβ版としてv8対応しています。v8版にすると、実行速度が向上するほか、constやasync/awaitといったモダンなJavaScriptで書けるようになります。

しかし、従来のGoogle Apps Script SDKは動作しなくなります。 ReferenceError: User is not defined というエラーメッセージが出るようになります。対応を試みたのですが、うまくいきませんでした。

そこで、よりモダンな書き方でv8対応版としてGoogle Apps Script SDKを作り直しています。今回はスクリプト機能の使い方を紹介します。

コードについて

コードはNCMBMania/ncmb_gas: Google Apps Script(v8対応版)のコードです。にアップロードしてあります。TypeScriptで書かれています。

コードは google/clasp: 🔗 Command Line Apps Script Projects を使ってGoogle Apps Script用のコードに変換しています。

使い方

スクリプトのIDは 1Z8Lezd0OS6qm9W0EVQxBGx1gztqD14kXPfQxycr_rc2atOfKujiWZe7I になります。基本的に最新版を使うようにしてください。

初期化

以下はプリフィックスをNCMBとした場合のコードです。

const ncmb = NCMB.init('APPLICATION_KEY', 'CLIENT_KEY');

スクリプト

スクリプトの使い方はJavaScript SDKに似せています。

const json = ncmb.Script()
    .data({
      name: 'Atsushi',
      to: 'atsushi@moongift.jp'
    })
    .exec('POST', 'sendmail.js');

GETリクエストの場合

GETリクエストも可能です。

const json = ncmb.Script()
    .query({
      name: 'Atsushi',
      to: 'atsushi@moongift.jp'
    })
    .exec('GET', 'sendmail.js');

ヘッダーの指定

ヘッダーはsetメソッドを使います。

const json = ncmb.Script()
    .set({
      'Authentication': 'Bear aaa'
    })
    .query({
      name: 'Atsushi',
      to: 'atsushi@moongift.jp'
    })
    .exec('GET', 'sendmail.js');

まとめ

まだ機能は多くありませんが、旧版程度の機能まではすぐに実装していきます。v8版はJavaScriptがより書きやすくなっていますので、ぜひ移行してみてください。

スクリプトはGASのトリガーと組み合わせることで、定期実行もできるようになります。mBaaSの利用幅が広がりますので、活用してください。

中津川 篤司

中津川 篤司

NCMBエヴァンジェリスト。プログラマ、エンジニアとしていくつかの企業で働き、28歳のときに独立。 2004年、まだ情報が少なかったオープンソースソフトの技術ブログ「MOONGIFT」を開設し、毎日情報を発信している。2013年に法人化、ビジネスとエンジニアを結ぶDXエージェンシー「DevRel」活動をスタート。