ニフクラ mobile backend(mBaaS)お役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラ mobile backend(mBaaS)。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

Swift版iOS SDK Developer Previewをリリースしました

f:id:mbaasdevrel:20180806093819p:plain

iOSアプリを開発する際にSwiftを選択する方達が増えています。ニフクラ mobile backendではObjective-C版を提供していますが、利用する際にはブリッジファイルを作成する必要があります。

まだ開発途中ではありますが、Swiftで一から作成したSDKを提供開始しました。ぜひお試しください。

利用法

現在はライブラリ管理には登録していないので、今はソースコードをダウンロードまたはクローンするところからはじまります。

git clone git@github.com:NIFCloud-mbaas/ncmb_swift.git

プロジェクトを追加

既存のXcodeプロジェクトにダウンロードしたコード中にあるNCMB.xcodeprojを追加します。

f:id:mbaasdevrel:20190405161223p:plain

ビルドする

まずSwift SDKをビルドします。そうするとフレームワークが生成されます。

f:id:mbaasdevrel:20190405161338p:plain

フレームワークを登録する

フレームワークをiOSプロジェクトのLink Binary With Librariesに登録します。

f:id:mbaasdevrel:20190405161400p:plain

コードを書く

後はコードを書くだけです。まず初期化します。

NCMB.initialize(
  applicationKey: "YOUR_APPLICATION_KEY",
  clientKey: "YOUR_CLIENT_KEY"
)

例えばデータストアに保存するのは次のようなコードになります。setを使わないのでより柔軟なイメージで利用できます。

// testクラスのNCMBObjectを作成
let object : NCMBObject = NCMBObject(className: "test")

// オブジェクトに値を設定
object["fieldA"] = "Hello, NCMB!"
object["fieldB"] = "日本語の内容"
object["fieldC"] = 42
object["fieldD"] = ["abcd", "efgh", "ijkl"]

// データストアへの登録を実施
object.saveInBackground(callback: { result in
    switch result {
        case .success:
            // 保存に成功した場合の処理
            print("保存に成功しました")
        case let .failure(error):
            // 保存に失敗した場合の処理
            print("保存に失敗しました: \(error)")
    }
})

まとめ

Objective-C版と比べると、よりSwiftらしい書き方ができるようになっているかと思います。まだ開発中につき、仕様は変更される可能性があります。その点だけあらかじめ留意の上、お試しください!

NIFCloud-mbaas/ncmb_swift: ニフクラ mobile backend Swift SDK

中津川 篤司

中津川 篤司

NCMBエヴァンジェリスト。プログラマ、エンジニアとしていくつかの企業で働き、28歳のときに独立。 2004年、まだ情報が少なかったオープンソースソフトの技術ブログ「MOONGIFT」を開設し、毎日情報を発信している。2013年に法人化、ビジネスとエンジニアを結ぶDXエージェンシー「DevRel」活動をスタート。