ニフクラ mobile backend(mBaaS)お役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラ mobile backend(mBaaS)。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

サーバからプッシュ通知を送信しよう【Ruby編】

f:id:mbaasdevrel:20190122154441p:plain

プッシュ通知を送信する場合、管理画面からビジュアル的に行う方法とAPI経由で送信する方法の二種類があります。一回送信するだけであれば管理画面から行うので十分ですが、自動化しようと思ったらAPI経由で行う方が効率的です。

サーバからプッシュ通知を送る場合、プログラミング言語は多彩に選択できます。今回は非公式ながらSDKがあるRubyを使った方法です。

SDKのインストール

Rubyのライブラリ管理として知られているBundlerを使います。まずGemfileを作成します。

source 'https://rubygems.org'
gem 'ncmb-ruby-client'

そして bundle コマンドを実行してライブラリをインストールします。これで準備完了です。

$ bundle

コードについて

初期化処理

まずアプリケーションキー、クライアントキーを使った初期化処理です。 applicationKey および clientKey はそれぞれ自分のものを適用してください。そして NCMB.initialize を実行して初期化します。

require 'ncmb'
NCMB.initialize(
  application_key: applicationKey,
  client_key: clientKey
)

プッシュ通知の送信

プッシュ通知を送信する場合には NCMB::Push を使います。配信条件をセットした後、save メソッドで送信を実行します。

push = NCMB::Push.new
push.immediateDeliveryFlag = true
push.target = ['ios', 'android']
push.message = 'This is test message'
if push.save
  puts 'Push save successful.'
else
  puts 'Push save faild.'
end

これでプッシュ通知が送信できます。


Ruby SDKは非公式なので注意してください。もし利用時に困ったことであったり、機能面でのリクエストがあればIssueにてご連絡ください。

NCMBMania/ncmb-ruby-client: A simple Ruby client for the Nifcloud mobile backend REST API

中津川 篤司

中津川 篤司

NCMBエヴァンジェリスト。プログラマ、エンジニアとしていくつかの企業で働き、28歳のときに独立。 2004年、まだ情報が少なかったオープンソースソフトの技術ブログ「MOONGIFT」を開設し、毎日情報を発信している。2013年に法人化、ビジネスとエンジニアを結ぶDXエージェンシー「DevRel」活動をスタート。