FJCT_ニフクラ mobile backend(mBaaS)お役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラ mobile backend(mBaaS)。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

匿名認証利用時にanonymous must not be enteredと出る場合

f:id:mbaasdevrel:20181208140549p:plain Kotlinで匿名認証を実装していた時に起きた事例を紹介します。同じエラーが発生した場合の参考にしてください。

事象

匿名認証は以下のようなコードで行います。

NCMBUser.loginWithAnonymousInBackground {user, e ->
    if (e != null) {
        Log.d("[ERROR]", e.toString())
    } else {
        Log.d("[DEBUG]", user.toString())
    }
}

この時にエラーが起きてしまいました。エラーメッセージは anonymous must not be entered. となります。

原因

エラーの原因は管理画面で匿名認証を有効にしていなかったからでした。設定はアプリ設定の基本設定の中、一番下にあります。

f:id:mbaasdevrel:20181208140245p:plain

匿名会員の利用を利用するに指定して保存します。こうすると匿名認証機能が有効になります。

まとめ

気づいてみれば大した問題ではありませんが、エラーメッセージからでは分かりづらいのも確かです。同じエラーメッセージが出た時にはお気をつけください。

中津川 篤司

中津川 篤司

NCMBエヴァンジェリスト。プログラマ、エンジニアとしていくつかの企業で働き、28歳のときに独立。 2004年、まだ情報が少なかったオープンソースソフトの技術ブログ「MOONGIFT」を開設し、毎日情報を発信している。2013年に法人化、ビジネスとエンジニアを結ぶDXエージェンシー「DevRel」活動をスタート。