ニフクラ mobile backend(mBaaS)お役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラ mobile backend(mBaaS)。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

必見!AndroidアプリのFCM対応は完了していますか?

f:id:mbaasdevrel:20181009170750p:plain

GoogleがGCMの廃止を発表し、2019年04月までにFCMへの移行が必須となっています。mBaaSをお使いの方についてもGCMからFCMへの乗り換えが必要になります。昔からGCMを使っていた方であれば、管理画面が変わるので気付きやすいのですが、途中からGCMの管理画面がFCMに統合されているので、FCMを使っているつもりになってしまっているケースがあるようです。

※ニフクラ mobile backendにてプッシュ通知をご利用の、すべての方において移行が必要です!※

そこで今回はFCM対応が完了しているかどうかを判断する方法を紹介します。

(1)SDKを3.x系にしていますか?(Unityは4系)

mBaaSのSDKは3.x以降でFCM対応となっています。SDKが2系以前の場合は未対応になりますので注意してください。これはAndroid/Monaca(プッシュ通知プラグイン)/Unityに関わります。

イントロダクション (Android) : クイックスタート | ニフクラ mobile backend

(2)管理画面でFCMのJSONをアップロードしましたか?

f:id:mbaasdevrel:20181009170750p:plain

mBaaSの管理画面でプッシュ通知の設定を確認してください。FCMではJSONファイルをアップロードしなければなりません。このファイルが設定されていない場合はFCM対応が未完了ということです。

(3)FCMが有効になっていますか?

f:id:mbaasdevrel:20181009170910p:plain

Firebaseの管理画面において、FCMのAPIが有効になっているか確認してください。古いプロジェクトの場合、これが無効になっているケースが多いようです。なお、最近のプロジェクトであれば自動で有効になっているので問題ありません。GCMの時から使っていたり、GCMがFCMに統合されてからプロジェクトを作っている場合は要確認です。

まとめ

2018年10月現在はGCMが継続して使えますので、未対応かどうかが分かりづらいのが問題です。上記のチェック項目をご参考のうえ移行完了しているかどうかご確認ください!

アプリをバージョンアップ後、ユーザがすぐに更新してくれるとは限りません。そのためにも早めの対応をお願いします。GCMが廃止される前に必ず対応してください。

中津川 篤司

中津川 篤司

NCMBエヴァンジェリスト。プログラマ、エンジニアとしていくつかの企業で働き、28歳のときに独立。 2004年、まだ情報が少なかったオープンソースソフトの技術ブログ「MOONGIFT」を開設し、毎日情報を発信している。2013年に法人化、ビジネスとエンジニアを結ぶDXエージェンシー「DevRel」活動をスタート。