ニフクラ mobile backend(mBaaS)お役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラ mobile backend(mBaaS)。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

2021-04-15から1日間の記事一覧

React Native SDK ver.2系の使い方【リレーションの使い方】

React NativeでmBaaSを使いやすくするReact Native SDKを非公式に開発しています。 NCMBMania/ncmb-react-native: NCMB SDK for React Native これまでJavaScript SDKに似せる形で開発してきましたが、TypeScriptに沿った形で書くのに限界があったこと、Reac…

サブクエリを使いこなそう

mBaaSのデータストアはRDBMSとは使い方が異なります。細かな正規化を行うよりも、フィールドの中にオブジェクトや配列を入れてしまうと言った使い方がデータストア向きです。しかし、それでも構造化した方が良い場合に備えて、ポインターやリレーションと言…

Unity SDKで認証後に取得できる会員データについて

Unity SDKのTipsです。 Unity SDKを使って認証を行った後、クラウドにあるユーザデータへアクセスできます。しかしデータの種類によってアクセス方法が異なるので注意が必要です。この記事ではそんなデータの取得方法について解説します。

React Native SDK ver.2系の使い方【ファイルストアの使い方】

React NativeでmBaaSを使いやすくするReact Native SDKを非公式に開発しています。 NCMBMania/ncmb-react-native: NCMB SDK for React Native これまでJavaScript SDKに似せる形で開発してきましたが、TypeScriptに沿った形で書くのに限界があったこと、Reac…

NCMBを手軽に試せるプレイグラウンドの紹介【データストア編】

NCMBには多彩な機能があります。データベースのようにデータを保存するデータストア、ファイルを保存するファイルストア、認証、プッシュ通知、スクリプトなどの機能が用意されています。これらの機能を使いこなせば、自由にアプリケーションを拡張できるで…

ファイルストアで利用できる検索条件について

写真やテキストファイル、動画などをアップロードできるファイルストアですが、ベースはデータストアと同じようなデータ構造です。しかし、データストアで利用できる条件がすべて利用できる訳ではありません。 この記事ではファイルストアで利用できる検索条…

ファイルストア利用時にはファイルサイズに注意しましょう

ファイルストアはプランによってファイル上限サイズが異なります。無料のBasicプランの場合は5MB、有料の場合は100MBまでのファイル制限となっています。 最近のスマートフォンでは写真の解像度が上がっており、5MBを超えるケースも出てきています。その結果…

NCMB用のPython SDKを開発中です(日付型、位置情報、ポインターの追加)

PythonはIoT、機械学習をはじめ、幅広い分野で使われているプログラミング言語になります。JavaScriptと同様に、覚えておくと利用範囲の広いプログラミング言語といえるでしょう。 そんなPythonとNCMBを組み合わせる際に利用できる、Python SDKを開発してい…

Unity SDKでユーザにデータを設定、取得する

Unity SDKのTipsです。ユーザ(NCMBUser)はNCMBObjectを継承しているのですが、使い方がいまいち分かりづらいかも知れません。そこで、今回はユーザにメタデータを追加する方法について紹介します。

Unity SDKでファイルストアを検索する

Unity SDKのTipsです。ファイルストアでファイル名検索をする方法を紹介します。

Swift SDKをPlaygroundで実行する

Swift SDKのTipsです。Swift SDKを使うことで、Objective-C版のSDKをブリッジファイルを使う必要がなくなりました。この大きなメリットとして、Xcodeのプレイグラウンドを使って、NCMBのコードを簡単にテストできるようになったということがあげられます。 …