ニフクラ mobile backend(mBaaS)お役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラ mobile backend(mBaaS)。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

2018年10月版:Xcode 10.0 + Swift 4.2 + NCMB iOS SDK 3.0.0でのプッシュ通知実装

f:id:mbaasdevrel:20180914104933p:plain

Swiftの進化は速く、年ごとにバージョンが上がっています。iOS/Xcodeももちろんバージョンアップしており、それに伴って実装方法が変わってきます。Swift + iOS SDKでプッシュ通知を実装する記事は幾つかありますが、コードが若干変わってきています。

そこで今回は2018年10月時点での最新のXcode/Swift/iOSでのプッシュ通知実装方法を紹介します。iOS12対応版です。

続きを読む

Swiftでフォトライブラリの写真をアップロードする

f:id:mbaasdevrel:20180806093819p:plain

NCMBのiOS SDKは正式にはSwiftをサポートしておらず、サンプルのコードもObjective-Cとなっています。Swiftもすでに3が主流となっており、利用者も増えています。そこでNCMB iOS SDKをSwiftでどう使えば良いかをコード例を用いつつ紹介します。

今回はフォトライブラリから写真を選択してアップロードする流れです。

続きを読む

Swift × iOS SDKでTodoアプリを作る(ACLを付ける)

f:id:mbaasdevrel:20180806093819p:plain

前回まででTodoアプリのバックエンドをmBaaSに置き換えました。しかし、このままではデータが誰でも閲覧できたり、編集や削除できる状態です。自分のデータをセキュアに管理するためにはACL(アクセス制限)を設ける必要があります。

ACLを設ける場合には、ユーザとしてログインしている必要がありますが、IDやパスワードの設定は面倒です。そこで使えるのが匿名認証です。今回は匿名認証を用いてデータを簡単にセキュアにする方法を紹介します。

続きを読む

アプリの中でアプリケーションキーを切り替える

f:id:mbaasdevrel:20181016181532p:plain

mBaaSでは通常、1つのスマートフォンアプリに対して1つのmBaaSアプリを割り当てます。しかし、アプリを無料版と有料版で分けている場合、ビジネス版とパーソナル版で分けている場合などでは複数のアプリケーションキーを使い分けたいと考えることもあるでしょう。

そこで一つのアプリの中でmBaaSの接続先を切り替える方法を紹介します。

続きを読む

NCMBをSwiftで使う(セットアップ編)

f:id:mbaasdevrel:20180806093819p:plain

Swiftは進化の速いプログラミング言語で、ほぼ毎年メジャーアップデートをしています。mBaaSでは今なおObjective-Cで書かれたSDKを提供していますが、とは言え、Objective-CからSwiftに乗り換えたiOSアプリ開発者も増えていますので、徐々にSwift × mBaaSの情報も増やしていかなければなりません。

ということで今回はCocoaPodsを使ったGetting Startedを紹介します。

続きを読む

第1回:プログラミング入門~初心者の私が始めるアプリ開発~

プログラミングを始めようとしている方、教える立場の方、プログラミング大好きな方……皆様のお役に立つ情報をご紹介するとともに、プログラミング初心者の筆者が3か月でアプリ開発をマスターする過程を綴るブログです。(今回から3か月間随時更新予定!)

成長を見守ってください!そしてこのブログを見て「頑張ってみようかな」と思っていただければ幸いです。

続きを読む

MonacaがPWAに対応したので試してみる

f:id:mbaasdevrel:20181017110918p:plain

最近PWAという技術ワードに注目が集まっています。PWAとはProgressive Web Appの略で、スマートフォンやタブレット向けのWebアプリケーションをより、ネイティブアプリのようにしていくためのベストプラクティスを呼びます。大きく分けて以下の技術要素になります。

続きを読む

Excel用NCMBライブラリが日付、位置情報に対応しました

f:id:mbaasdevrel:20171212211755p:plain

ExcelからmBaaSを操作するライブラリを非公式で提供しています。データストアの操作が主な機能ですが、マスタメンテナンスには耐えられるようになっています。 そのExcel用NCMBライブラリが日付、位置情報に対応しました。

続きを読む

Excel用NCMBライブラリがAclに対応しました

f:id:mbaasdevrel:20171212211755p:plain

普段皆さんがお仕事で使っているExcel。ExcelのVBAではネットワーク通信機能もあり、Web APIとの連携も難しくはありません。そこで非公式ながら作っているのがExcel用のNCMBライブラリになります。

今回、データストアをより上手に使いこなせるよう、Aclクラスを追加しました。

続きを読む

データストアでポインターを検索条件に指定するには

f:id:mbaasdevrel:20180706121133p:plain

データストアでは細かな条件を指定して検索ができます。例えば以下があります。

  • 文字列(完全一致、正規表現)
  • 数値(完全一致、以上、以下)
  • 配列(含まれる、または含まれない)
  • 真偽値
  • 日付(完全一致、以上、以下)
  • 値の存在

そしてデータストアではポインター、リレーションというクラス同士を結びつける機能をサポートしています。今回はこのポインターを検索条件に指定する方法を紹介します。

続きを読む

複数あるデータの管理法におけるベストプラクティス

f:id:mbaasdevrel:20180809133832p:plain

データストアは一般的にはデータベースと呼ばれるものです。しかしデータベースというとRDBMS(リレーショナルデータベース)なのに対して、mBaaSではドキュメント型のNoSQLとなっています。それによって、データの関連性についても多少異なる手法を使った方が良いようです。

今回はmBaaSにおける1対多のデータ管理法について紹介します。

続きを読む

地図アプリのベースに。KMLをmBaaSに取り込む

f:id:mbaasdevrel:20180705171029p:plain

KMLというのは三次元地理空間情報を管理するXMLフォーマットです。このフォーマットの代表例として、Googleマップのマイマップが対応しています。位置情報データをイチから作るのは難しいですが、Googleマップのマイマップで作れると敷居が下がることでしょう。

今回はKMLを解析してmBaaSに取り込む方法を紹介します。

続きを読む