ニフクラmBaaSお役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラmBaaS。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

ES6でスクリプトを書こう

JavaScriptには幾つかのバージョンがあります。現在よく知られているのはECMAScript5です。そして、モダンなWebブラウザで実装が進められているのが次期バージョンであるECMAScript2015(ES6)と呼ばれるバージョンです。

Node 6.x系がES6に対応しているのですが、mBaaSのスクリプト環境もバージョン6.5(執筆時点)なのでES6を使ったコードを書くことができます。

コード例

簡単なコードです。function() を省略して => (アロー関数)を使えます。なお、thisの扱いにおける問題があるため => が使えないケースもあります。

module.exports = (req, res) => {
  res.status(200).json(process.env);
};

さらにクラスも使えます。

class Person {
  constructor(name) {
    this._name = name;
  }
  
  set name(name) {
    this._name = name;
  }
  
  get name() {
    return this._name = name;
  }
  
  sayHello() {
    return `Hello, I'm ${this._name}.`
  }
}
  
let p = new Person("Atsushi");
p.sayHello();

他にもテンプレート文字列もあります。

`Hello, I'm ${this._name}.`

有名なとことしては、変数の宣言方法が追加されました。

var a; // いままで通り
let b; // ブロック内での変数宣言に
const c; // 定数の宣言

他にも function* を使ったイテレーション処理もあります。より複雑なコードが書けるようになるでしょう。


古いバージョンではBabelなどを使ってES5へ変換する必要がありましたが、スクリプト機能であればそのままアップロードできます。ぜひES6を使った高度なJavaScriptでスクリプトを書いてください。