ニフクラmBaaSお役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラmBaaS。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

NCMB for Excelにデータストア更新/削除機能を追加しました

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mbaasdevrel/20171212/20171212211755.png

社内で大活躍しているのがMicrosoft Office系のソフトウェアでしょう。特に日本の業務で使われているのがExcelです。社内には膨大な数のマクロに溢れていることでしょう。

そこでmBaaSもExcelから使えるようになれば便利なはずです。そのためのクラスモジュール、NCMB for Excelにデータストア更新および削除機能を追加しました。

使用例

コードは次のように記述します。

更新

Dim dataItem As clsDataItem
Set dataItem = dataClass.newData
dataItem.Field "message", "Hello World"
If dataItem.Save() Then
    Debug.Print ("登録しました")
Else
    Debug.Print ("登録失敗")
End If

dataItem.Field "message", "Update!"
If dataItem.Save() Then
    Debug.Print ("更新しました")
Else
    Debug.Print ("更新失敗")
End If

削除

If dataItem.Delete() Then
    Debug.Print ("削除しました")
Else
    Debug.Print ("削除失敗")
End If

なるべくJavaScript SDKに合わせた実装になっています。Saveメソッド自体はデータ登録時と共通でobjectIdの有無で新規登録と更新を処理分けしています。Deleteは成功した時にTrueが返ってくるだけの簡単な実装です。

使い方

コードはgoofmint/ncmb-excel: NCMBのExcel用クラスモジュールです。にアップロードしてあります。Excelファイルをvbacでファイル化していますので、同様にバイナリ化(コンバイン)すれば使えるはずです。ライセンスはMIT Licenseとなっています。

最後に

これでデータストアのCRUD操作が可能になりました。保存できるデータ形式はまだ限られますが、Excelからでも簡単なデータメンテナンスはできるようになっています。ぜひお使いください!

中津川 篤司

中津川 篤司

NCMBエヴァンジェリスト。プログラマ、エンジニアとしていくつかの企業で働き、28歳のときに独立。 2004年、まだ情報が少なかったオープンソースソフトの技術ブログ「MOONGIFT」を開設し、毎日情報を発信している。2013年に法人化、ビジネスとエンジニアを結ぶDXエージェンシー「DevRel」活動をスタート。