ニフクラmBaaSお役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラmBaaS。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

【初級編】スクリプトでデータ保存してみよう!

mBaaSで提供されている「スクリプト機能」、ご利用になったことはありますか?

 

・とにかくAPIを使ってみたい……

・Basicプランなので、アプリが消えないようにたまにAPIカウントしておきたい……

 

そんなあなたへ、ドラック&ドロップで5分以内に動かせる超簡単!なスクリプトをご紹介します。

 

1.スクリプトファイルの用意

 

まずは下記↓のスクリプトを「script.js」などの名前で保存し、mobile backendにアップロードしてみましょう!

※アプリケーションキー、クライアントキーは、それぞれご自身のキーに差し替えてください。キーは「アプリ設定」よりご確認いただけます。

module.exports = function(req, res) {
    var NCMB = require('ncmb');
    var ncmb = new NCMB("アプリケーションキー", "クライアントキー")

    var saveData = ncmb.DataStore('SavedataClass');
    var userSaveData = new saveData();

    userSaveData.set("savedata", req.get('savedata'))
    .save()
    .then(function(items){
        res.status(200).json({message: "save"});
    })
    .catch(function(err){
        res.status(500).json({message: err});
    });
}

 

savedataとして渡されたデータを、SavedataClassクラスのsavedataフィールドへ保存する簡単なスクリプトです。

 

2.mobile backendへアップロード

 

mobile backendのスクリプトタブで、下記のようなかたちでアップロードしましょう。

緑色の「アップロードする」ボタンでアップロードできます。

ファイル:上記で保存したファイルを選択しましょう。ドラック&ドロップでもアップロード可能です。 ファイル名:アップロードしたファイルのファイル名が入りますので、そのままでOKです。 メソッド:今回はPOSTを選択しましょう。 ファイルの状態:「実行可能」を選択しましょう。 バージョン:今回はそのままにしましょう。 パーミッション:今回は指定なしにしましょう。

 

3.実行

 

無事アップロードが完了したら、「実行」タブに移って、実際にスクリプトを動かしてみましょう!

今回は、Headerに「savedata」と「tutorial」を指定して「実行」ボタンを押してみましょう。

※「tutorial」はなんでもOKです。

「実行」ボタンを押すと、下記のようなダイアログが現れます。

「実行する」で実行しましょう。

 

下記のような結果がでればOKです!

※なお、もし下記のようなエラーが出た場合には、スクリプトがまだデプロイ中になりますので、数秒~1分ほど待ってから再度実行しましょう。

問題なく実行できたら、さっそくデータストアの「SavedataClass」を確認しましょう。

 

実際に入力したデータが入っていますね!

 


 

今回試したのは簡単なサンプルスクリプトでした。スクリプトでは、ガチャ機能の実装、チート防止、通信料削減などなど……さまざまな活用方法が考えられます!

今後とも、みなさまのアプリ開発にmobile backendをお役立てください!

 

なお、便利なスクリプトを開発いただいたかたは、ぜひコミュニティなどで公開いただければと思います。

 タカノくんでした!