ニフクラmBaaSお役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラmBaaS。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

型の異なるデータだけをピックアップするブックマークレットを作りました

データストアではカラム毎の型指定はできないので、ある処理の時だけ型が違う状態で保存してしまうと、検索に出てこなかったり、それが切っ掛けになって不具合に繋がる可能性があります。

以前データストアの型を可視化するブックマークレットを作りましたが、それの応用として表示されている全データの中で、型が異なるものだけをピックアップするブックマークレットを作りました。

準備

こちらのページにあるデータストアピックアップ、と書かれたリンクをツールバーに追加してください。

使い方

後はデータストアで任意のクラスを選択して、データが表示されている状態でツールバーにあるデータストアピックアップをクリックします。

少し待つと、赤いアイコンが表示されます。このアイコンが出たデータは同じカラムにあるデータと型が異なるものです。比較は各カラム単位で行われています。

解説

データストアには次の型が存在します。

  • 文字列
  • 数値
  • 真偽値
  • 配列
  • オブジェクト
  • 日付
  • 位置情報

この内、オブジェクト/日付/位置情報はすべてJSON形式となっています。違いとして、_type というキーを持っており、日付(Date)と位置情報(Geo)が値になっています。それらがあれば日付や位置情報であると判断できます。それ以外のJSONデータはオブジェクトということになります。

表示されている全データについて、各行毎に型を判定します。そして、最も多い型のものは無視し、それ以外の型と判定されたデータについて赤いアイコンを付与しています。


以前のブックマークレットを使っても型が異なるデータを探すことはできますが、目検でアイコンの色を判断する必要がありました。このブックマークレットの場合、型を調べると言うよりは型が異なるデータを探すだけに特化しています。目的に応じて使い分けてください。