ニフクラmBaaSお役立ちブログ

スマホアプリ開発にニフクラmBaaS。アプリ開発に役立つ情報をおとどけ!

ebook

電子書籍を公開!ニフティクラウド mobile backend 基本ガイドを出版しました

ニフティクラウド mobile backendではドキュメントを充実させていますが、オンラインよりも手元にある方が分かりやすいという方もいるかと思います。また、かさばる書籍よりも電子書籍の方が便利という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そうした方の…

O2Oに!位置情報を使ったプッシュ通知をチュートリアル公開します

O2O(オフライン to オンライン)のマーケティングを進める上で大事になるのが利用者が今どこにいるのか、さらにその場所によって配信する情報を切り替えるという仕組みです。ニフティクラウド mobile backendではそのための機能として、位置情報に応じたプ…

1記事で分かるmBaaSの現状、メリット&デメリット

ニフティクラウド mobile backendに代表される、アプリのサーバサイド(バックエンド)をまるっと提供する仕組みはmBaaS(mobile Backend as a Service)、または最近では単にBaaS(Backend as a Service)と呼ばれています。かつてサーバがクラウドに移り変…

mBaaSのはまりやすいポイント徹底解説より「ファイルストア編」

mBaaSはアプリやWebアプリケーションにおいてバックエンドをまるっとまとめて提供する仕組みですが、スクラッチでのサーバサイド開発とは異なるので慣れるまでに多少手間取る部分も存在します。ニフティクラウド mobile backendでは日本語のサポート(Expert…

mBaaSのはまりやすいポイント徹底解説より「インスタレーション編」

mBaaSはアプリやWebアプリケーションにおいてバックエンドをまるっとまとめて提供する仕組みですが、スクラッチでのサーバサイド開発とは異なるので慣れるまでに多少手間取る部分も存在します。ニフティクラウド mobile backendでは日本語のサポート(Expert…

mBaaSのはまりやすいポイント徹底解説より「検索編」

mBaaSはアプリやWebアプリケーションにおいてバックエンドをまるっとまとめて提供する仕組みですが、スクラッチでのサーバサイド開発とは異なるので慣れるまでに多少手間取る部分も存在します。ニフティクラウド mobile backendでは日本語のサポート(Expert…

mBaaSを導入検討する上で考えたいメリット&デメリット

ニフティクラウド mobile backendではmBaaSを提供している訳ですが、その実際の利用実績をどう捉えているかと言えば、まだまだこれからだろうといった考えです。国内においては他社の利用動向がサービス導入において大きく影響を及ぼすのですが、mBaaSはバッ…

mBaaSを導入する前に「これだけは確認しておきたいこと」って何でしょう?

先日の記事では国内外でmBaaSベンダーが多数あると書きました。さらにいえば各mBaaSベンダーの機能というのは実際のところそれほどの違いはなかったりします。では選定の際にはどこを基準に考えれば良いのでしょうか。 選定の基本 まず第一にアプリは各デバ…

日本のmBaaSベンダーと海外ベンダーの違い、教えます!

ニフティクラウド mobile backendを提供している中で度々聞かれるのが「海外ベンダーとの違い」です。提供されるサービスとしてはどのベンダーも似通っており、何を基準に選んでいくかは悩ましいのではないでしょうか。 そこで今回は当サイトで配布しており…

アプリ開発にサーバサイドは必須!種類と違いを解説します

スマートフォン/タブレットアプリにおいて、バックエンドの仕組みがないものは殆どありません。サーバを低コストかつ安定的に運用するかが課題になってきています。まずはアプリのサーバサイド開発方法を大別し、それぞれの特性/違いを紹介します。

アプリ開発初心者だけどプッシュ通知で何ができるの?mBaaSではじめるプッシュ通知ビギナーズガイド

身近になったスマホアプリ 今から6年前の2008年7月─。iPhone 3Gの発売と共にApp Storeが公開され、スマートフォンの発売とサードパーティへスマホアプリ開発の門戸が開かれ、現在は日本国内だけで100万件以上のアプリが登録され、提供されています。その…

アプリのおしらせ作業を楽にするプッシュ通知の3つのポイント

スマホアプリを運営していてアプリのアップデートやイベントのおしらせの度に、プッシュ通知したり、ウェブサイトを更新しなくてはならなくて、面倒だったことはありませんか? アプリに頻繁にアクセスしてもらうためのネタとして、「機能アップデート」や「…